Self-Study促進指導

「自習」が促進される
自習の進展とともに成長する生徒達

「自習力」を養う学習指導

自主学習を毎日するために必要なことは…

  • 履修内容を理解する!
    履修内容が曖昧なところは、調べるか人に訊くかして、わかるまでしっかり学習することです。
     
  • 学習の仕方を工夫する!
    無限ではない時間を有効に使うことです。
    学習に嫌悪感を抱いている人は特に、時間をかけずに学習をできるようにすることは肝要です。
    有効的な学習の仕方を知っていれば誰でも学習課題に取り組めるものですから。

     
  • 学習計画を作っておく!
    学生は何かと忙しいので時間を有効に使うことが望まれます。
    毎日やるべきことが明確になっていれば取組み易くなります。

     
  • 実践を続ける!
    「教室で自習できる→教室でできたなら自宅でもできる」
    自習が苦手な人でも、先ず「自主学習の実体験」を積むことです。
    それを続ける経験を積むことで「自習」する感覚を身に着けられるからです。
    自習は実践しなければ身に付きません。
    自宅での自主学習を習慣にしたいなら、思いあぐねるより実際にやってみることです。

     

「Self-Study促進指導」による「自習」改善

学習方法の指南と「自習トレーニング」

成績を好転させ試験に合格するために不可欠なこと!

毎日の学習を自主的に取組めるようにすることと自習を上達させ実戦力を養うことです。

その為には「習熟」に繋がる充分な自力演習をできるようにすることです。

それには、自宅で日常的に学習できることです。
そしてその時、自宅においても塾受ける授業と同等程度の学習を自力できるようにすることが不可欠です。

「自宅における自主的な塾程度の学習」を実現する為に準備したのが、Progress個別指導塾の「自力演習型指導」である「Self-Study促進指導」です!

「Self-Study促進指導」では、先ず「学習方法」自体を指導します。
そして同時に、それを実践してもらう場所を提供しています。

 

「自習」するようにする手立て

先ず、「自習」の継続を容易にするために、「学習の仕方」を知らせておくことは大事です。

「Self-Study促進指導」の「自習」では、予め学習の仕方を指導されますので、自宅でも学習が容易になります。

さらに、「自習」の継続を容易にするために計画立て学習することも有効です。

「Self-Study促進指導」の「自習」では、学習法指導を基に毎月の自習計画をつくります。

その都度、進捗を確認しながら、指導した学習法が実践できているかを確認します。

また計画の見直しもしながら、得意分野の学習ばかりに偏らないようにします。
不得意分野の学習にも“挑戦”する機会が設けられるようにします。

 

自習を習慣化する手立て

「自習トレーニング」

次に、その教えた学習法を実践する機会を与えることが大事です。

「教えてもらったこと」は実際に自分でやってみないと身につきません。
その為に「自習スペース」を教室に設けてあります。

「これなら自分でデキる」という実感を掴んでもらうためには実体験できる機会を持たせることです。

技術を修得するできるようにトレーニング場を提供することで、「トレーニング」自体の継続も可能になります。

したがって、教室で定期的に自習実践(トレーニング)が、自宅での「『自習の予行演習』をしてもらう」ことになるので、自宅での自主的学習が継続的に可能になります。

また、教室で自習してもらうことで、講師は生徒の自宅での学習風景を垣間見るこが可能になります。

それがまた学習指導に活かされます。

なお、入試が間近に迫った受験生には、都合の良い自習空間にもなります。

「Self-Study促進指導」の指導手順

 

特定の教材を充てがって、ただガムシャラに問題を解かせることが自習を促すことではありません。

根性と努力だけを強要する自習には期待できません。

学習を愉しめる事が成果に結びつきます。

それにはそれなりの「工夫」が必要です。

なお、当塾が目指す「自習」は将来にこそ役立つ生活術です。

「自習」指導の手順

Self-Study指導流れ.gif
目的

・時間を有効活用する

・計画的に学習を進める

・助言や指導を受ける

・失敗から学び、成功に繫げる

・学習に臨む時は大胆かつ細心に

・継続する

指導手順

計画する

① 年間/月間学習計画

教務担当

  • 月々の進度達成レベルを考える。
  • レベルに適した教材を選ぶ=目標設定

教務担当と生徒

  • 学習計画を立てる
    演習教材を日割り(ペース配分)
  • 学習の仕方を確認する
    演習教材の取扱い方と目標の確認

矢印

実践する

生徒自身で学習

  • 1日分の学習を毎日進める
    「学習計画」に従って自宅または教室で進める
    学習は自力で時間制限を設けて行う

  • 1週間毎終了させて行く
    週末に「月間計画」を確認
    週末に計画の遅れを取り戻す

矢印

確認する

生徒

  • 学習の結果を記録する
  • 個別指導 

    実践していない場合や指南舌通りにやらない場合や以前の学習法に戻っている場合に指導を受ける
    再度学習法の指南を受ける

担当講師

  • 毎週進捗状況を確認
    日々の学習の進度や達成どから次の段階を考える
  • 月間計画の見直し/年間計画の変更・修正
    担当講師が志望校を推定しながら教材の選別をする
    レベルアップへの方針を決定
    地道に継続できるように助言
    努力が報われるように激励
  • 個別指導
    話を聞くところから始めて
    実践の目的を明確にする

矢印

繰り返す

講師と生徒

  • 計画・実践・確認を繰り返す

“継続は力なり”というように実践の継続が“実戦力”を養う

 

「報われる努力」を継続することが大事!

大事な時期になすべきことをすれば結果は出せます。

「自習」が自然に見について、さらに偶発的に上達するのを待っていたら、決定的な結果を出すことはできません。

だから、後悔することになるのです。

Self-Study促進指導のこぼれ話

お問い合わせはこちら

0266-24-5595

受付時間:11:00~22:00(日曜祝日除く)