Self-Study促進指導 

ズバリ!「成功のカギ」は「自習する」ことです!

自習室で高校受験の勉強をするにしても、

 

自宅で大学受験の勉強をするにしても、

 

「よくわかる」教科指導をしてもらったとしても、

 

結局、自分でどれだけ学習したかで、成果が変わります!

 

「自習」できなきゃ結果は残せない!

受験で合格、定期試験で得点、成績の向上など、「自習」なくして成し遂げられる事はありません!

塾へ通っているにもかかわらず、「不得意科目の学習ができるようにならない」「成績が伸び悩んでいる」人がいます。

「復習」をしていますか?

つまり「自習」をしていますか?

「教えてもらった」ことはいずれ忘れてしまいます。

忘れないようにするためには、「復習」が効果的です。

だから、

教えてもらうだけで、終わらせてはいけません。

 

学校でも、塾でも、出された宿題だけをやって済ませていてはもったいないことです。

宿題を出さない塾もあるようですが、復習は必ず自ら進んで取組みましょう!

 

とにかく、「宿題だけやっていればよい」という考えは早めに改めた方が良いですよ!

「自習が‟できる”」から、「‟学習できる”に変わる自習」に進歩させる!

毎日「自習」できたら格好いい!

 

Progress個別指導塾は、「学習が苦手」と言っている児童や生徒達の中には、本当は「もっと勉強できるよになりたい!」と望んでいる子がいることをよく知っています。

 

だから、君が「『宿題だけやっていればよい』などと思っていない」こともよく知っています。

 

だから、

「1on1学習指導」と銘打って、教科内容をより理解しやすくできる「完全個人指導」で授業をしているのも、君達が「自習をしやすくする」ための手立てです。

 

そして、

「Self-Study促進指導」と銘打って、学習の仕方を完全個別指導するのは、君達が、自宅でも学習を自から進んで取組める手立てとしてです。

 

したがって、「Self-Study促進指導」を受講したことで、自宅学習ができない理由で当塾に来た塾生達が、

「今までは、毎日決められたことをこなすこともでもできなかった。けれど、できるようになりました。」と、

言えるようになることが多いのです。

 

通いはじめはから自習を上手に自在にできるようにはなりません。

最初は、学習というよりは「作業」というレベルです。

しかしそれを、継続できるようになったのであれば、まずは大きな進歩と言いえます。

 

そして、

当然それは、君が望んでいる学習のレベルではないと思います!

当塾でもそれを「自習ができる」レベルとはいいません。

 

その程度で君達に「自習が‟できる”」ようになったと言わせるわけにはいかないのです。

 

なぜなら、成績が上がって、テストで得点ができて、受験で合格するレベルに至るまでには、さらに「自力学習を充実させる」指導が不可欠になるからです。

 

「自習」なんだから、「なんでも適当にやればよい!」というものではないのです。

 

自力で問題を「できる!」と思えるようになる学習に、自から進んで取組めるようにしなくてはなりません。

そしてさらに、

次の段階として、「結果につながる学習をする」ためには、「自習を上達」させる必要があるのです。

 

適切な方法で努力する

 

塾に通っていれば、自宅での学習の仕方を助言してもらえることがあります。

または、

ネットなどで勉強の仕方を検索すれば、様々な勉強の方法を知ることができます。

しかし、

どんなに良い方法を知ったとしても、「自習」をする習慣がない者には役に立ちません。

というより、役に立てられません。

なぜならば、その方法を「実践・継続」できないからです。

君が「学習ができなくて困っている」なら、「自習」をできるようにすることです!

先述したように、自習の上達には段階があるのです。

 

まず君が、自宅で自力で学習できないこと自体に困っているなら、「実践・継続」できるようになることが先決になります。

 

自宅でも学習を実践・継続できるようになれば、次に、学習の仕方の助言も活かせます。

 

そして、適切な方法を取り入れて学習を継続すれば、いずれ、自習が上手になって、学習の結果を改善することが期待されるでしょう。

したがって、

もし君が、「毎日自宅で学習しているけれど」、または、「塾で学習しているけれど」、学習の結果が思わしくないというなら、自習の仕方を見直す必要があるかもしれません。

自習をできるようにするするための「Self-Study促進指導」の詳細についてはこちらから

 

 

「Self-Study促進指導」による各教科の自習

「Self-Study促進指導」は「教えない塾」の授業です。

当塾ではそれを、君が「自宅でも自力で学習できる姿勢を身につける」手立てとして採用しています。

Self-Study促進指導で取り組んでもらうことは、君が自宅学習として、当然しておかなければならないことです。

しかしそれは、君達が、できていそうで、できていないことでもあります。

 

各教科の自主練習例

 

 

音読練習の実践

音声教材と単語帳や漢字練習長を活用して、英語長文の音読を練習する。

音読することで、一文一文、また一語一語の読み方を確認できます。

読むことが丁寧な練習になります。

 

読解練習の実践

参考書や解説書を活用して、英語の文法を踏まえて解釈して内容理解に挑む。

文法の復習になります。

単語の復習にもなります。

 

翻訳練習の実践

演習用教材や問題集を利用して、英文和訳と和文英訳する練習をする。

 

 

作文や作図練習のススメ

演習用教材と問題集を使用して、英文和訳や和文英訳の記述練習をする。

 

 

読解練習のススメ

参考書や解説書を活用して、算数や数学の文章問題等の設問の解釈とその意図から解答方針を導き出すことに挑む。

数学独特の言いまわしや公式を用いた表現を、自力で理解する訓練になります。

 

翻訳練習のススメ

演習用教材や問題集を利用して、算数や数学の文章問題で設問文から数式を立てる練習をする。

数学や理科や社会でグラフ問題から数量を読み取って解答する練習をする。

作図問題の解答練習

演習用教材と問題集を使用して、数学の証明問題の「証明」の記述の仕方を練習をする。

数学の関数の問題でグラフを描く練習をする。

数学や算数の問題で図形や表を描く練習をする。

数学や算数の文章問題で図や表を描いて理解する練習をする。

 

 

音読練習の実践

教科書や演習教材や問題集、ときには音声教材を用いて現代文と古文や漢文の音読を練習する。

 

一文一文、一語一語の読み方を丁寧に読む練習をする。

読解の練習

参考書や解説書を活用して、現代文と古文や漢文の解釈と内容理解に挑む。

問題を解きながら、出題傾向を知る。

 

翻訳の練習

演習用教材や問題集を利用して、漢文を古文へ、また古文を現代文へ訳す練習をする。

 

作文練習の実践

漢字練習長を活用して、漢字の記述練習をする。

演習用教材と問題集を使用して、文法を踏まえて、文を作る練習をする。

小論文を書く。

 

 

 

音読の実践

教科書や参考書を用いて、ときには英語や現代文と古文と漢文のように音読をすることは効果があります。

 

読解練習のススメ

参考書や解説書を活用して、社会の資料問題等の設問から出題の意図を把握し解法を導き出す練習をする。

自力で知り得た知識の関係性の把握に勤めることが大事。

 

翻訳練習のススメ

演習用教材や問題集を利用して、社会の資料問題で、資料や地図を読み取る練習をする。

出題意図を把握して、解答する練習をする。

 

 

 

音読の実践

ときには、教科書や参考書を用いて、英語や現代文と古文と漢文のように音読をすることは効果があります。

 

読解練習のススメ

参考書や解説書を活用して、理科の観察や実験問題等の設問から出題意図を把握し解法を導き出すことに挑む。

 

翻訳練習のススメ

ときには、算数や数学の文章問題で設問文から数式を立てる練ように、実験データから数量を読み取って解答する練習をする。

 

作文の練習

演習用教材と問題集を使用して、理科の記述問題の作文練習をする。

 

 

「自習トレーニング」

 

多くの子供たちの学習指導に携わってきて、判ったことは、「学習の仕方を口頭で説明しただけでは、『自習』は修得できない」ということでした。

 

  • 教材の使い方
  • 文房具の使い方
  • ノートの取り方と使い方
  • 時間の配分の仕方
  • 計画の作り方

 

 

これらについて、適宜助言し続ける必要があります。

そしてそれを、実践し続けられるようにしてあげる必要があります。

 

つまりそれが、「自習のトレーニング」です!

 

学習の仕方を教えてもらったとしても、その意図をわかってやるのとそうでないのとでは、自習の上達に差ができます。

そこで、

自習を実践する機会を与えることと、それをできる場所を用意すること、そしてアシストする人が必要と考えたのです。

 

自習を習得するために

「わかる」という「実感」をしてもらいながら進めます。

 

先ずは助言通りに実践してもらいます。

実践しながら、「どうしてそのような取組み方をしなくてはいけないか?」を意識してもらいます。

そして、これまでの学習との相違点や共通点を「実感」してもらわないと、変化に繋がりません。

今まで学校の授業や宿題を「片付ける」ことを通して身につけそうしないと、これまでしてきた、君独自の“癖”とも言うべき学習法に戻ってしまいます。

 

実際は「トレーニング」というより、「新しい癖をつけ直す!」と言ったイメージかと思います。

 

癖になるにも時間もかかりますが、悪い癖は案外簡単に身につきますよね。

しかし、一度身についた癖を矯正するのは、癖をつける時より手間暇がかかります。

 

「自主学習」を習慣づける時は、「最初が肝心」ということですね。

 

自宅学習が苦手なら、最初は教室の自習空間で実践してもらった方が良いでしょう。

 

最終的には家庭で自習ができることが理想です。

 

自習が上達するまでは、一時的に多くの時間通い、徐々に塾での自習時間を減らしていくことをオススメしています。

 

毎日の学習

「どうすれば上手に自習できるか?」を探求するより、ひとまず「知っている人から訊く」ほうが手っ取り早い!

 

  • 計画を立てる=目標を明確に持つ
  • 実践する=毎日の学習に取組む
  • 確認する=毎日の学習の結果を記録する⇒学習したと応えから課題を見つける
  • 継続する=計画の見直しと、学習に臨む姿勢を反省して続ける

 

学校の授業で学習の理解に至るなら、次は、自力で理解できるようにすることを目指すことを勧めます。

学校の授業と課題ではもの足りない人のための指導 にもなります。

 

学習の仕方が身について来ているか、継続的に学習がされているかを確認しつつ、「自習」が上達するよう個別に指導します。

 

先ず、自習指導として、予め「学習の仕方」を指南します。

 

自習する上で、学習の仕方の指南の他に、使用教材の選定とその取組方が大切になります。

自力で継続して学習に取組めるようにするためには、レベルに合わせた教材に取り組ませなければうまくいきません。

 

演習の取り組み方と教材の使用目的を明確にします。

それは学習目標を明確にするためでもあります。

明確な目標を持って取り組むことは、意欲を持続させるためです。

そして計画通りに教材に取り組めたら達成感にもつながります。

 

なお、教材の使用の仕方が上達すれば、それは「1対1」の指導を受けているのと同じくらいの効果が得られることが期待できます。

 

さらに、

当塾の自習には「学習計画」があります。

毎日の自習を可能にする為には、「学習計画」を作成しておくことが必要です。

特に忙しい生徒ほど計画は欠かせません。

そして、到達レベルを適宜想定して進捗状況を考慮しながら、毎月学習計画を見直します。

 

さらに、いつまでも同じレベルにとどまっていてもいけません。

レベルを上げるためには、そして常に達成感を得られるようにする為には、学習計画を考案する時には、塾生に「無理のない配分」と同時に「頑張らないといけないくらいの配分」を考慮します。

 

Self-Study促進指導 のこぼれ話

お問い合わせはこちら

0266-24-5595

受付時間:11:00~22:00(日曜祝日除く)