長野県岡谷市のProgress個別指導塾 > Progress個別指導塾の学習サポート

Progress個別指導塾の学習サポート

“君は今、「いつか社会貢献する時に役に立つ学習」の経験を積んでいますか?”

塾長の古村泰幸です。 Progress個別指導塾には、君の役に立つ理由があります!

 

塾で学習する意義を知っていますか?

‟君は「なぜ学校で学習しているのに、わざわざ学習する時間を増やしてまで、学校以外で勉強する」児童・生徒がいる理由がわかりますか?

 

こうしている間に、学校以外でも勉強している友人がいます!

「学校へ通っているのだから、わざわざ塾に通ってまで学習をする意味があるのか?」

「普通、そう思うだろう!」と君は言うかもしれませんね。

君がもし“塾と学校の学習の仕方の違い”を知らなければ、家で「そろそろ勉強を始めようかな。」と思った瞬間に、絶妙なタイミングで「早く勉強しなさい!」と言われた時の、お母さんの“厳しい声“と同じくらい、“塾”は“いらない!”ものと思うかもしれません。

 

しかし…、結論から言います。

先ず、君に知っておいて欲しいことは、学校へ通っていても「学習ができない」生徒は少なくないという事実です。

 

ここ長野県でも、文部科学省の全国学力テストの通塾率ランキングから、小・中・高生の学校以外での学習支援を受けている児童生徒は全体の50%はいることがわかります。

ここから、君にも「どうやら自分の学習に悩んでいるのは私・僕だけではない」ということがわかりますね。

そして、長野県では50%ほどですが、他の都道府県では70%を優に超える児童・生徒が、学校以外で学習をしているのですが、それには当然理由があります。

 

それは、誰もが、学習「できないより、できるようになりたい」と思っているからです。
そして、それには「やればできる」という単純な事実もあるからです。

 

実際、私もこれまで幾人もの生徒たちの学習指導をしてきました。
その経験から、適切な支援をしてあげれば、学習を不得意とする生徒たちの学習状況を改善できることを確かめて来ました。

また、学校では「このままでは進学先が見当たらない」と思われた生徒たちが、幾人も、しっかり進学して行きました。

 

どうですか、君の周りの「学習の手助けが必要な生徒たち」が、必要な手助けがあれば、学校で抱える「学習上の問題」を解決するかもしれないことが想像できるのではないでしょうか。

だから、よくあることですが、例えば君が「〇〇さん・△△くんよりはまだ私・僕の方が勉強できている」と思っていたら、ある日その子達に“「あれ、追い抜かれた?!」と感じる時が来たりするのです。

君にとっては「いつの間に!」と思うことかもしれません。

 

でもそれは、今君が抱えている「学習についての問題」が解決されることを証明してることにもなりますよね!

ですが、その手助けを学校では受けられないという実情があるのです。

だから、君の先輩たちや後輩たちだけでなく、君の同級生もわざわざ塾へ通って学習しているのです。

 

「塾で学習する」意義はあります!

君は、学校の先生やお父さんお母さんから、「今勉強をするのは、お前の将来のために必要だから」と説教されたことはありませんか?

 

お父さん・お母さんのお小言は、最も身近な先輩の価値ある助言です。聞いておいて下さい。

 

実際その通りで、今の時期に学習しておくことは、君に少なくない利益をもたらします。

 

でも君は、「なぜ?」という気持ちが強いかと思います。

当時の私もそうでしたから。

「遊んでばかりいないで、勉強しなさい!」と言われた時、君はどう思いますか?

その度に「鬱陶しいな!」と思ったり、「やる気が失せる!」と嫌な気分になったりしていることでしょう。

 

しかし、ここで誤解を恐れずに、君に知っておいて欲しいことは、君のご両親が君に浴びせている“その言葉”は、君を嫌いになったから言っているのではないのです。

むしろ、君のことを“大切に思っている”からこそ、君の心を逆なでして反感を買うことを承知で、お互い不仲になることを恐れずに、大切なことを伝えようとしているということを知って欲しいのです。

 

そして実は、それは君のご両親がその昔、自分の親にされたことでもあるのです。

かつて、君の親達も、君に言ったこと同じことを言われたのです。

そして当時は君と同様に「反感」や「イラ立ち」を親に向けていたのに、学習能力がないのでしょうか、同じ“仕打ち”を君に向けるのにはわけがあるのです。

君の両親も“鬱陶しい”思いをしたけれど、そのお陰で、折れそうな学習意欲が支えられたり、最後までやるべき学習を頑張れた実体験があるのです。

その成功体験を、今は君に向けているのです。

もしくは、“鬱陶しい”声援を送ってもらったけれど、当時親の期待に応えられなかったっことの“後悔の念”を長年持ち続けた続けた経験から、君には「同じ轍を踏ませまい!」という君の成功を切に願った“心の響き”です。

 

世代を超えたこの“負の伝統的慣習”(と君は思うかもしれない)を、今君に浴びせているのは、君のご両親が「子を思う親の気持ち」を知って、親の責任を感じているからなのです。

「でも…」と君は思うかもしれません。

「親の気持ちはわかった!」でも、「あんなに優しくて、笑顔が素敵なお母さんが、私・僕が学校に通うようになってから、特にテストの後は、鬼にでもなってしまったようで、怖い。」だから「とても勉強などする気がしない!」という気持ちになるかもしれませんね。

 

しかしそれでも、その親が君に「学習塾へ通う」ことを君に勧めてきたならば、是非とも冷静にその言葉を全身を耳にして、本当の“心の声”を聞いて欲しいと思います。

学校以外の「学習支援」を受けるメリット

お父さん・お母さんが、君に塾などの学校以外でも勉強することを勧めるのはなぜだと思いますか?”

塾や家庭教師は君への“投資”です。 両親の君への信頼の現れです!

 

それは君にとって学校以外で学習することが有益であることをよく知っているからです。

なぜなら、君が学校を卒業した後にどうなるか、学校の先生には想像することでしか知りえない体験を、君の親は既に体験しているからです。

つまり君が「学習しない」ことで被る“損”も知っているのです。
だから君にとって親の言う「将来のこと」は役に立つ助言なのです!

 

学校の授業だけでは「足りない」

君はまだ知らないことだから仕方ないですが、学校の授業では学習量が少ないのです。

だから、君が自分の「学習能力」を満足に引きだす練習をしようと思っても、「できない」ことになります。

 

だから君も時々、大人が「学校の勉強なんか、役に立たない!」と言うのを聞いたりしたことはありませんか?

それは一理あります。

結論から言います。

学校で履修することになっている学習内容が役に立たないというのではありません。

そういうことを言う本人の学習がた足りなくて「役に立たなかった」体験をした場合です。

そして、学習の過程で学習体験が“応用的”でなかったために、体験から得られる“知恵”を発揮できなかった場合です。

 

そもそも「学校で履修する内容が役に立たない」なら、君の親はなぜ毎日学校に君を追いやるのでしょうか?

そんな無駄になることの為に時間とお金(税金)を費やしているわけはありません。

学校の勉強を役立て仕事をしている人が、それを無駄だと言っている人より少ないと、君は思いますか?

そう実は、“役に立つ事だから学ぶ”のではなく「‟学んだ知識を役に立てる”ために学ぶ、発想を持つことです。

それは「勉強の姿勢」を改めて、「学習の仕方」を工夫して取り組むことこそが肝腎だということです!

つまり「自習」の習慣とその改善が大切なのです!

 

学校卒業後こそ「自主学習」する意味がある

多様化と競争が激化する社会事情を肌身で体験している君の親が、君の将来を案じた時に、君の将来の活躍を夢見て、さらなる学習力向上を期待し、学習補強の必要性を感じるだろうことくらいは、君にも想像できると思います。

私も、これまで多くの生徒たちの学習支援をし続けながら考えてきたことは、“学習することは、働くことに通じる”ということでしたから

 

それは、学習して身につけた知識を就職に活かすという意味ももちろんありますが、「学習」という知的活動を経験すること自体が、「働く力」になるということです。

「仕事」をすること自体、学習を伴いますので、仕事をする上で学習を習慣化している人の方が有利になるのは、君にも容易に想像できると思います。

 

また、社会では仕事する上で時々、「独創性」が求められたりします。

学校のように「みんなと同じ様にする」ことも大切ですが、同じでない方が良い時があります。

むしろ同じであろうとすると能力が発揮されない時もあります。

社会では「個性」が尊重されるからです。

周囲と同調したり協調したりすることも大切ですが、「出る杭は打たれる」くらいでなくても、個人の能力の高さが常に求めらるのです。

 

実のところ、協調する知恵も、人々を指導する知恵も、「学習」して身につけていくものです。

つまり“自分で自分を教育する”「自習」することが欠かせないということです。

知識を習得するのも、自習の技術を習得するのも、「自習」です。

それは、学校ですることではありません。
君が自宅ですることです。

 

そこで私は、学習指導をしてきた経験から、君が「自宅で自主的な学習を充実させる」ことが、君の「将来を明るくする為の学習」になると考えました。

それが私が「Progress個別指導塾」を開講した理由です!

自分で学習すれば良い!

私が「Progress個別指導塾」を開講した理由を話す前に、君にはもうひとつ考えておきたい事があるかもしれませんね!

「学校以外でも学習しなくてはならないのなら、自宅で自分独りで学習すれば良いじゃないか?」

だから、「勉強をしなさい!とばかり言わないで、学習の仕方を教えてよ!」

 

そう、 君は思いますよね!

正解です!
その通りです!

 

しかし!

“君はそれを独りでできますか?”
「自習」を効率よく能率よく取組む方法を知っていますか?

既に君が、独りで学習することができる人ならば、ここでの話は君にあまり必要ありません。

でも君が「もっと勉強できるようになりたい」けれど、「学習は嫌い」「学習は面倒だ」「学習は不得意だ」と思っているのであれば、これから話すことは君にとって有益です。

 

「自習」のすゝめ

確かに、君自身の力で学習に取り組めるなら、それが一番良いことです。

そもそも学校が君に宿題を出すのは、君に「自分で学習する」ことを期待しているからです。

 

しかし実際はどうでしょう。

君がそうなように、多くの児童・生徒が学校の授業と宿題を通して自分なりに、「自習の仕方」を習得しようとしています。

しかし、君が知っている通り、そこからは自分に適している学習法を見つけられないでいることを、君も知っていますね!

 

そろそろ気がつくべきなのです!

学校では、君が独りで学習できるようになる方法を教えてもらえないことに!

学校では君が「自習」することを期待します。

しかし、その取組方と効果的な実践法を君に教えません。
いや、知らないのかもしれません。

 

そもそも勘違いしているのは君の方なんです!

学校は先生が授業をするところなのです。
君はそれを勝手に受講するところなのです。
君自身が学び取る場所なので、「教えてくれるのを待っていてはいけない」のです。

それが証拠に、もし君が学校を風邪か何かで欠席したとしても、学校の授業は進みます。

個別指導塾の授業であれば、君がいなければ授業が成り立ちませんから、授業が進むことはありえません。

 

君がいなくても授業が進むのは、学校という学習支援の仕組み上、仕方ないことなのです

だから、「勝手に学び取る」姿勢で臨む必要があるのです。

そして、勝手に学び損ねても学校に責任は問えないことを知らなくてはなりません。

 

そうならば、君はどうすれば良いと思いますか?

 

親の力を借りて自習する

まだ、お父さん、お母さんに手伝ってもらうという方法が残っています!

それも良い方法です。

 

それにもし、学校の教科書や配布された教材では足りない、またはそもそも自分には適さないと思うならば、書店で参考書や問題集を買ってきて、自分で学習する事ができます。

 

しかしその場合、君は数ある教材の中から、必要な教材を選べますか?

もし書店に行った時、君はおそらく「どれも良さそう!」と思うことでしょう。

その通りです。
どれも良さそうに作られ、売られているからです。

しかし、当然「どれでも良い!」わけではないので、君自身に役立つ教材を、その中から選び出さなくてはなりません。

 

いつどの参考書を使えばよいかわかりますか?
どの問題集から手掛ければよいかわかりますか?
そもそも教材の選び方を知っていますか?

そして、その教材の使い方がわかりますか?

以上の問題を解決できるなら、“正しい”「学習の仕方」と学習計画があれば、毎日学習体験を積む事ができます。

そしてそれを続けていれば、君にとって最適な「自習」を修得できるでしょう。

 

お母さんと一緒の勉強は嬉しい! けれど、教える専門家ではありません!

 

そこで、日々学習を続けるには、君が学習する時に、「大変だ」「面倒だ」という気持ちに心を支配されないように、進めることが大切です。

そういう風に、君のお父さん・お母さんは、君の「自習」を手伝ってくれそうですか?

お父さん・お母さんに自習を手伝ってもらうのは、君が勉強していて「わからない」ところがある時は、すぐに見てもらえるので、大いに便利かもしれませんね。

 

しかし、…。

優しく丁寧に教えて貰えそうですか?

「こんなこともわからないの?」「この間、教えたじゃないの?」「ちゃんと聞いていたの?」「考えてる?」等など、質問の解説より“お説教”や“叱責”が多くなりそうなら、手伝ってもらうのは辞めた方が良いのだけれど…。

 

粘り強く君の努力を見守ってくれそうですか?

「早く答えなさい!」「なぜ、黙っているの?」等など、急かさせるようなら、手伝ってもらうのはよした方が良いのだけれど…。

「学習」は本来楽しい行為です。
叱られる為にするのではありません。
新しい発見をして、それを楽しむ為にするのです。
人に褒められる為にするのです。

 

だから最初は、独りで学習ができない時は、助けてくれる人を選ばなくてはならないのです。

 

ここまでの話を聞いて、「あっ、そうか!だから、私・僕は学校の勉強が嫌いなんだ!」

もしそう感じたのなら君の「学習」に対する感性は上等です。

“知らないことを知っている人から聞く”というのは新しい何かを始める時、「学習」を始める時に、良いきっかけになります。

それは、正しい学習法の一つです。

しかし、この時点でつまずけば、その後に続く「修得」がおぼつかなくなります。

下手をすればこの時点で学習する気が失せてしまいます。

 

そうです、学校での勉強が君にとって“相応しい”学習になっていないから、学習に意欲も好奇心も向けられないのです。

そんな状態で学習を続け、能力の向上を望み、さらには「自習」を修得しようとするのは、なんの装備も経験も無いまま登山をするくらい難しいことです。

いえ、遭難するのが目に見えていますよね!

 

ここまでの話を聞いたなら、君はもう自分の学習能力の低さを恨んだり、“できる”同級生のことを羨むことはないのです。

ここでわかって欲しいことは、学校で学習するにしても、自分で学習するにしても、それなりに準備が必要であったということなのです。

 

まだこの先、「学校で学習する」ことは続きます。

「自習」については一生続きます。

“最初が肝腎”と昔から言いますよね!

今君は、初めて学校での勉強のこと、自分自身での勉強のことを知ったのであれば、今が肝腎です!

“今から今後に備えれば憂いはなくなります!”

「Progress個別指導塾」が君にできること!

“もし君が高校・大学など、進学するために学習したいなら、朗報です!”

合格目指して!
一緒に頑張りましょう!

 

Progress個別指導塾は進学塾です!

小学生・中学生・高校生が「自分で学習できる」ように学習指導しています。

だから当塾では、君が進学を望むならば、進級の段階から、進学を実現するために必要な学習指導を全力でサポートできます

また、もし君が今は「自分の学習力に自信がないので、とても大学までの進学など想像できない」と思っていても、君に上級の学校への進学の可能性が見いだせたときには、君に進学する決意を促すべく応援もいたします。

 

大学へ行くか行かないかは最終的に君自身が決めることですし、お父さん・お母さんとよく話し合って決めれば良いことです。

ですが、それも大学へ進学できる程度の学力を着けたればこそのことです。

君がそこまで頑張って勉強することは、「得すること」は有っても「損をすること」は先ず無いと、私は思っています。

 

何よりも、君が自信を持って「頑張る力」を着けることこそ、将来のために大事だと思うからです。

なので実際、最初は自分の学習に自信が持てなかった塾生が、徐々に学習の技術と自信を身につけて、進学に挑戦しています。

 

「実力を着ける学習」を君に!

そして特に、君が「自宅でも自主的に学習できる」ことを目的に学習指導しています。

成績を上げるにしても、受験に合格するにしても日頃から地道な「自習」無くしては叶わないからです。

自宅での学習を促進するために、各教科の講義は丁寧で解りやすい方がよいので、家庭教師と同様に教室でもフルタイム・マンツーマンで行います。

そしてさらに、「学習の仕方」自体をも教えています。

これにより、生徒が自宅でも自主的に学習に取組みやすくすることができます。

よって、毎月・毎週、当塾の学習指導を受けることで、「学習が苦手!」と言う生徒はもとより、「もっと学習したい!」と言う児童・生徒の学習意欲に充分対応した支援ができるようになっています。

 

各学年の学校に通っている生徒には、学校の授業の進度に合わせて指導できます。

併せて、学校に通っていない生徒にも生徒の進度に合わせて指導できます

その際、同学年の生徒に合わせて同じ進度で進めることもできますし、それより早く進めることもできます

当塾では、各教科内容を授業する時は「完全個別指導」なので、短期でも集中的に講義を受講することが可能なことが利点です。

 

また、対話形式で授業が進められますので、学習が苦手で、塾が初めてで、人見知りする生徒でも、安心して受講してもらえます。

人と話すのが苦手な生徒にとっては会話の練習になります

社会に出てからは、意思伝達しなくてはならない機会が増しますから、当塾での授業体験は将来役に立つと思います。

 

そして、社会に出てからも「学習」しなければならない機会は多いので、当塾の「自習」指導は将来役に立つと思います。

当塾で、対話形式授業を経験して、自習の技術を習得できれば、将来「チャンスをモノにする」能力と技術にもなると思います。

当塾の指導の実践を通して、将来社会に出て活躍する時が来ることを期待しています。

 

Progress個別指導塾は、君に「進学を実現する学習」を指導できるからです!

そもそも「学習」をするのは、そうした将来に役立つ、知識だけでなく、能力や技術を身につけるためであると思っています。

当塾の学習指導は「その場限り」の学習支援ではなく、君の将来に向けての支援でありたいと思っています。

 

将来に有望な生徒達の成長を応援しています!

 

当塾の学習サポートのスタイル

それぞれの指導スタイルの長所で短所を補い合う学習指導!

 

2つの個別指導と特訓指導

理解力を促す指導

 

自習をトレーニングする指導

 

個別指導

  • 「1on1学習指導」
    ~理解しやすい授業で″やる気″を促す学習指導~

限られた時間でできるだけ多くを学びたいと思う方のために効率的な授業スタイルです。

  • 「Self-Study促進指導」
    ~「学習方法」の習得と「自習」体験を積む指導~

学習の成果をもとめるなら、自習は不可欠です。
自習することなくして教科内容を習得することは不可能です。

 

特訓指導

 

  • 「1on1学習指導」「Self-Study促進指導」
    〜短期集中指導で総復習〜

試験直前や講習期間中の対策授業のスタイルは基本的に、自習を促進する指導と教科内容を指導を合わせて行います。

  • 「講習会」
    〜高校入試対策の集中講義〜

学校の長期休暇に合わせて講習期間を設けます。
特に高校受験準備として特別授業を行います。

進学塾ですので、君の受験攻略の為の学習指導をします。

そこで、この機会に、普段の定期試験対策の学習だけでは不足しがちな学習内容や段階向上を図って、集中講義で受験期に備える授業をしています。

長期休暇を利用して、学習の遅れを取り戻したい生徒にも向いている指導です。

 

頑張っているのは自分だけではありません! 一緒に学ぶ仲間がいると意欲が増します!

 

当塾の学習指導のねらい

試験で結果が出せるように、教科内容をしっかり教え込むことを心掛けて指導していますが、無理を強いることがないようにも気をつけています。

成果を臨むなら、学習意欲を上げることが不可欠だからです

君が「学習」を嫌厭することは、逆効果になるので、学習の無理強いは慎まねばなりません。

長続きもしませんから

しかし、快適なことや楽しいと思えることなら長続きします。

したがって、君が「学習」を“愉しい”と好ましく思ってもらえる様に配慮しつつ、しかし、楽ではないカリキュラムを組みます。

 

塾生が日頃から学習に容易に取組めるようにする手立てとして、教科の内容は理解しやすく丁寧に解説することが必要であると考えています。

また、講師の解説を「聴く」だけでなく、理解を深めるためには生徒が「訊く」ことが効果的です。

だから、当塾の教科指導には講師と生徒がお互いに授業に専念できる環境で、質疑応答がしやすく、懇切丁寧に講義できるフルタイム・マンツーマンで指導をする完全個別指導を採用しているのです。

それは、様々な状況の生徒に対して学習サポートが可能な指導スタイルであるからです。

加えて、自宅における学習を充実するための学習指導も手がけています。

つまり「自習」を改善するための指導があります。

 

例えば、「クラスのよくできる子と自分の子とは何が違うのだろうか?」と思ったことはないでしょうか?

「塾に通っているから」「家庭教師に教わっているから」「そもそもの才能だから」…、それらも要因かもしれません。

しかし端的に言って、一つ共通していることは、よくできる子は「正しい自習」の方法を身につけていることです

そしてその「自習」は一朝一夕に身につくものではありません。

 

「自分に足りない部分を自ら分析し、その部分を補うために自ら学習する範囲を決めることができる。」

そういう「正しい自習」を身につけた子が成績を伸ばし、希望の進学先への切符を手に入れることができているのです

それを生徒本人が独自で身につけるにはそれだけの時間と苦労があった筈です。

そこで、同時にそれを支え手助けした家族がいたことも想像に難くありません。

つまりどうやって自習を育むか」が大事だと言うことです

生徒の学習する力の成長に「自習」は不可欠です

これは紛れもない事実です。

 

当塾が受験合格への近道として「自習」の改善を推奨しているのもこれが理由です。

 

中途半端な学習指導では、かえって生徒の成長の妨げに!

 

当塾が学習指導で目指すところ

当塾では完全個別指導で学習内容を理解できるように促進します。

併せて、学習の取組み方を指南して、自分のすべき学習を自宅でもできるように促すサポートをいたします。

それは「自習」を身につけておくことが、「後輩たち」が将来有望な人材に成る為に、きっと役立つと思っているからです。

 

「自分の学習は自分だけでやってこそ学習だ!」と学校などで言われたり聞いたりしたことはないでしょうか?

それは一理あります。

しかし、全てを人に頼らずに自力ですることには限界があります。

 

歴史的に見ても「協力し合う」ことで困難を乗り越えてきているのが事実です。

協力し合う時に自身の存在意義が増し、実力が発揮されます

そして、そのためには常に他者と「意思疎通」を図る必要が生じますが、それもまた学習の一環です

結局、「学習する」時は、「何を」「如何に」頼るかを知ることが肝要になります

「頼る」方途を間違えば、実力は発揮できないからです

 

そして「上手に頼る」ことと「上手に頼らせる」ことを知ることも将来に必要な「学習」だと考えます。

それ故に、当塾では、教科内容の指導だけでなく「自習」自体の指導をするのは、「誰かの助けをかりて学習する」段階から始めて、次第に「自分だけで頑張って学習する」ように仕向けて行き、いつか「自力で自然に学習を頑張れる」ようすることを意図して指導しています

 

なので「学校の授業だけでは将来が心配だからもっと学習させたい」とか「自宅では学習できなくて困っている」とか「学校の授業について行けずに辛い思いをしている」等、ご子息のお困りをお感じになっている親御様は、当塾へのご入塾をご検討されることをお勧めいたします。

 

的確な指導の為に、しっかり学習状況を伺います!困っていることを教えてください!Progress個別指導塾では、学習相談を随時承けたわっています!

 

Progress個別指導塾の学習サポートのこぼれ話

お問い合わせはこちら

0266-24-5595

受付時間:11:00~22:00(日曜祝日除く)