中学生

「教わる」だけでは不充分!
「自習」の成果が合否の決め手!

「自分で学習する」ことが肝要

先ず中学校での履修内容は小学生のそれに比べて多くなります。
それにともなって、授業の進度は小学生の時よりも速くなります。
したがって、小学生のとき以上に自分で学習しておかなくてはならないことが増えます。
「わからない」ことを放置しないことが肝腎です。
その際、「人に訊く」時間を設けることは得策ですが、教わる時間を短くし自習の時間を確保することはもっと大事です。
試験の初歩対策として有効なのは、日頃から知識の蓄積と問題解答訓練を積み上げていくことです。そして、学校の長期休暇を利用した講習期間などに、小学生の時からから不得意な科目・分野の復習や補足指導をしておくことです。
「1on1学習指導」で教科指導をしてもらい、「Self-Study促進指導」で日々の学習から長期休暇の学習までの学習計画と学習法を教えてもらい、補習・復習を進めることができます。
特に小学生までに自習が得意になっていない生徒には、中学生の内に、少なくても授業の復習を毎日続ける“癖”を付けることです。
自宅でも「自分で学習できる」ことが肝要になります。

「自習」が進展することで試験の「成功」につながります!

中学校では定期試験があります。
高校に進学するためには入学試験もあります。
その為の試験勉強において、「知識のネットワーク」が脆弱な状態で問題解法練習をしても時間の無駄になります。
まずは「しっかり覚える」ことです。
「知識の関連」を理解するには“インプット”が大事です。
それを試行しながら再確認して“アウトプット”することが肝要です。
インプットができてからの、アウトプットの練習だからこそ効果があります。

そして、いきなり難しい問題を練習するのではなく、徐々に段階を踏んで難易度をあげて進む配慮が必要です。
「自習」が大事だからといって、何でもかんでも闇雲に学習すれば良いというものではありません。
根性はあった方が良いと思います。
しかし、学習に必要なの生徒にあった適切な方法です。
「どれだけ学習したか」は大事ですが、その時「如何に学習したか」が試験では差をつけます。
「学習嫌い」にしてしまっては元も子もありません。
道理に準じた学習をすることで、将来にわたって有意義な学習をし続けられるようにしてあげことが、生徒のために大事なことだと思います。

 

中学生の指導方針

「受験」をきっかけに学習力を上げる


201811722533.jpg

中学生は「高校入試に合格!」という具体的な目標を据えて学習に取組むことができます。

それをきっかけに、それまで学習に消極的だった生徒にも「学習を習慣づける」機会を与えられます。
高校受験のみならず、大学進学や就職後を視野に入れて学習をするなら、この時期に、小学生課程の未習得になっている分を総復習をしておくことは必須です。

なので、当塾では講習期間を活用したり、普段の中学生課程の学習指導を進めながら、関連付けながら教科指導します。

著しく小学生の学習課程の履修不足が見受けられる生徒には特に、普通の個別指導より、フルタイムでマンツーマン指導が適してします。詳しく丁寧にそして根気よく授業を受けてもらうことで、「自分の学習」をできるように、またその経験を積み続けてもえるようにするためです。

そこで、中学生の授業対策には「自習」が不可欠です。

基本的には自宅で、毎日継続的に学習することが有効であることは言うまでもありません。
そして、自習の質の向上を促すことが大切です。

小学生の内に自習を習慣にしていない生徒は、この時期に「自力で学習に取組む」経験を積むことが絶対に必要です。

学習が習慣化していない生徒にとって中学課程の授業に着いて行く事自体至難なことだからです。

小学生の時より履修量が増えていますし、難易度も上がっています。

理解できないことが増えれば、いろんな人がいる集団の中で公演講義を聴いて、授業することについて行けなくなるのは当たり前です。

いずれにせよ、当塾では、高校入学後を見据えて、基礎学力の定着とその応用をすることを具体的な学習目標にしています。
そのためにも、「自分で学習を進めて行けるように」指導します。

さらに、中学では定期試験を受けることになりますが、試験には「ルール」があります。

故に、物事を「 知っている」だけでは試験は攻略できません。

ルールに準じた学習をしなければ、なかなか成果に結び付けられません。

だから、「1on1学習指導」で試験問題の解法を教えてもらうことや受験対策の授業を受けることは得策です。

「Self-Study促進指導」で毎日制限時間内に課題をすることを取り決めることで、「制限時間内に問題を解く」という試験の練習になります。

すべての教科において、教科内容の指導においても、学習方法の指導においても、道理に基づいた学習法で個別指導します。

 

中学生の学習

小学校とは違う中学校で求められる学習

20181172619.jpg

普通、中学校に通っている生徒を中学生と言います。
しかし一言で、「中学生」といっても、小学生のうちに「小学校履修課程をしっかり習得してきた生徒」と、小学校に通ったというだけの「小学校履修課程を未習得のままの生徒」を同じに扱うわけには行きません。
しかし、普通の学校では同一に扱われます。

中学校で進められる授業の学習内容も小学生の学習同様に、学校に通っているだけでは、習得しきれるものではありません。
また、学校の授業は後戻りすることなく、毎日先へ先へ進んで行きます。

なので、「学び残した」ことは自分で解決しなくてはなりません。
故に、学校で学習する時は、常に「自習」が求められます。

しかし、もしこの時期にしっかり「学び残し」なく学習できたなら、将来は大学受験にもつながる学習ができるようになります。

毎日の積み重ねが成績向上の秘訣

中学生 女子 自習 実践  図書室 集中.jpg

学校で進められている学習は全て、「積み上げ」て習得できるように配慮されています。
毎日毎日の授業を理解して、知識を増やしていくことで、習得できるように年々の学習内容が関連付けられています。
“今日の自宅の復習が、明日の授業の予習になる”ということです。

毎日地道に学習することが大切だということです。

「習ったことは忘れない内に復習」することは、小学生より履修内容が多くなり、授業の進度も速くなる、中学生には当然求めらることです。

同時に、部活動への参加も半ば強制されているため、「中学生の学習」は自宅学習の時間が制約されることがあります。

(内申では問題なくても、学力に問題が生じます。)

授業について行けなくなる前に対策しないと将来に渡って学習を嫌厭させることになる可能性があります。
気をつけなくてはなりません。

自宅で学習する時に気を付ける点として、「得意なところばかりに学習時間を費やさない」ことです。

全教科を偏りなく学習する配慮をしておくことです。
この時、提出物優先の宿題ばかりをすると、できることばかりをやりたがる傾向になります。

それから、中学校では定期的に試験が行われますが、学習が不得意な生徒は苦肉の策として、得意科目ばかりを学習したり、試験範囲に決められた処だけを学習するようになったります。

このようなことに慣れれば、いづれ「学習」に行き詰まります。

同じ学習時間で、全教科を万遍なく学習できる生徒とそうでない生徒とで、実力の差が現れるのは当然です。

結局、授業の理解が覚束ないままの状態で、時間制限内に問題を解くという術もないままでいれば、成績が下がらない方がおかしいのです。

中学生の指導実践

普段から受験を見据えて学習指導

「1on1学習指導」で教科指導を進めます

中学生 女子 1on1 対話 指導 実践

苦手な科目・分野・単元の復習指導をします。
学校の宿題や課題の教科指導もできます。
苦手な科目・分野・単元の授業には予習指導ができます。
学校の授業を「復習」機会に変えることで「自習」に結びつく指導をすることができます。

「Self-Study促進指導」で「自習」の進展を促進

指導 相談 アドバイス.jpg

毎日の自宅学習が継続できるように学習法の指導をします。
毎日の自習が進展するように促す指導をします。
定期試験を見据えて毎日計画的な学習できるようにも指導します。
高校受験の準備学習として、偏りなく全教科を「自主学習」できるように指導します。

 

「Self-Study促進指導」と「1on1学習指導」を併用して学習

中学生 女子 1on1 対話 笑顔
201811725829.jpg

毎日の自習を「自宅で自分で『塾での学習』がでができる」に変えることが目標です。

学校の長期休暇を利用して、普段の学習状況の好転と受験準備を促す学習として、個別指導の併用で進めます。

講習期間中の「短期特訓指導」もこの形で指導します。

「『わからない』ことを直ぐに人に訊くな!」とする指導がありますが、「『わからない』ことを人に訊く」のは理解力を助長する大切な学習指導です。

「わからない」ことを人に訊けることが大事だからです。
「わからない」ことを人に訊けるようにすることが、「自習」の初歩段階だからです。

1on1学習指導では対話学習ができます。
その中で質疑応答を自在にでき、それがコミュニケーションの練習にもなります。

“コミュニケーション”体験は試験の時に必要な素質になります。

中学生の学習では、計画的に学習が進められることが得策です。

特に自習に不慣れな生徒には、「自習」指導が断然役に立ちます。

Self-Study促進指導では、教科書をはじめとした学校配布教材の使用方法なども指導します。

「学習の仕方」もひと工夫で効果のある「学習」にもなれば効果のない「作業」にもなります。

中学生のこぼれ話

お問い合わせはこちら

0266-24-5595

受付時間:11:00~22:00(日曜祝日除く)