高校生

大学受験に“勝てる”「学習」をする

「学習」方法を知らないと大学受験で勝てません

高校の履修内容は中学のそれに比べて多くなります。
当然、学校の授業進度は中学の時より速くなります。

したがって、日頃から知識の蓄積と問題解答訓練を積むことが求められます。
それには、授業の復習を毎日続けることです。

高校生の学習では、「自習」を「継続する」ことが中学の時以上に大切になります。
そして、大学受験準備において、高校1・2年の内に履修範囲の事柄を試験に出題されて、自在に解答できるようにすることが吃緊の課題です。

そこで、「自習」を得意としない高校1・2年生が大学進学を希望する場合は、できるだけ早い時期に、積極的に「学校以外」の「人に教わる方法」を学習に取り入れた方がよいでしょう。
中学生の内に「自習」に慣れ親しんでいない生徒には、学習の困難さをより強く感じさせるだけだからです。
放置しておいても、事態の解決には至りません。
生徒のやる気を削ぎ、「挫折」の方に向かわせてしまうだけです。
なぜなら、学校は「受験を支援する」専門機関ではないので、適切な「個別指導」をできないので、必要な「戻り学習」はしてもらえないからです。
ましてや「自習」の仕方など教えてもらえません。

また、生徒にも拠りますが、「自習」が得意であっても、「受験の学習」と「学校の学習」は違うので対策は早めにした方が良いでしょう。

結局は「自力で学習する」努力は必要です。
だからこそ、それを有効な手段で助けることが得策であるということです。

根性だけでは乗り越えられないのが大学受験

知識のネットワークが脆弱な状態で問題解法練習をしても時間の無駄です。
まずはしっかり覚えて、関連を理解することが肝要です。
しっかりインプットをした後での、アウトプットの練習には効果があります。
加えて、難易度を段階を踏んで進むことが大事です。
何でも闇雲に学習すればよいというのではありません。
物事には順序があります。
何事にも道理が有ります。
学習も然り!
習得には、根性も大事ですが、根性だけでは足りません。
才能も無いよりあった方が良いかもしれません。
しかし、根性だけで学習できるなら、全員“エリート”になれます。
努力をしない受験生はいませんから。
才能がある人だけが優遇されるような仕組みでもありません。
それでも差がつく理由があるから受験勉強は苦労するのです。

お問い合わせはこちら

0266-24-5595

受付時間:11:00~22:00(日曜祝日除く)