長野県岡谷市のProgress個別指導塾 > 学習塾と学習の違い

学習塾と学習の違い

時代の変化に伴って学習塾の授業は進歩しています

 

 

 

目次

「塾で学習する」意義

学校以外でも「勉強する」には、それなりの意味がある!

悩んでいるうちに、友人たちは学習を進めている。

学校とは違った授業!むしろ「自分には合っているかも」と思える授業だから学習できる

「学校へ通っているのだから、わざわざ塾に通ってまで学習をする意味があるのか?」

そう君は思うかもしれませんね!

もし君が「塾と学校では学習の仕方が違う」ことを知らなければ当然そう思うことでしょう。

君が「そろそろ勉強を始めようかな。」と思った瞬間に、絶妙なタイミングでお母さんに「早く勉強しなさい!」と厳しく言われたりすると、親に反感を抱くのはわかります。

その時「塾なんか“いらない!」と反感を抱くのもわかります。

しかし、結論から言います。

学校へ通っていても「学習ができるようになる」児童や生徒は多くないという事実を!

このことは、知っておいて欲しいと思います。

ここ長野県でも、文部科学省の全国学力テストの通塾率ランキングから、小・中・高生の学校以外での学習支援を受けている児童生徒は全体の50%はいることがわかります。

ここから、君にも「どうやら、みんなが自分の学習に悩んでいる」ということがわかりますよね。

そして、長野県では50%ほどですが、他の都道府県では70%を優に超える児童や生徒が、学校以外で学習をしているのです。

それには当然理由があります。

誰もが、学習「できないより、できるようになりたい」と思っているからです。
そして、学習することは、将来に渡って君達に有利になることで、必要なことが明白だからです。

誰でも「やればできる」ことで、得になることなら、「やらやらないよりは、やったほうが良い」と思うのは当然ですよね。

実際、私はこれまで幾人もの児童や生徒の学習指導をしてきましたが、その経験からも明らかなことは、

適切な支援をしてあげれば、学習を不得意とする児童や生徒でも学習状況を改善できることでした。

なので、当塾でも、学校に「このままでは進学先が見当たらない」と思われた生徒たちが、幾人もランクアップして進学して行きました。

このことからも、

もし君が「学習の手助けが必要になった時」、必要な手助けがあれば、学校や自宅で抱える「学習上の問題」を解決できることが想像できるのではないでしょうか。

だから、

これもよくあることですが、例えば君が「〇〇さんや△△くんよりはまだ私の方が勉強できている」と思っていたら、ある日その子達に「あれ、追い抜かれた?!」と感じる時が来たりするのです。

塾での学習が、友人や君が抱えている「学習についての問題」が「解決されそうだ」ということは明されたと思います。

先生達は熱心ですが、その手助けを学校では受けられないというのが実情です。

だから、

君の先輩や後輩たちだけでなく君の同級生も、わざわざ塾へ通って学習しているのです。

学校以外の「学習支援」を受ける利点

お父さん・お母さんが、君に塾など学校以外でも勉強することを勧めるのはなぜだと思いますか?”

塾や家庭教師は君への“投資”です。 両親の君への信頼の現れです!

それは君にとって学校以外で学習することが有益であることをよく知っているからです。

なぜなら、君が学校を卒業した後にどうなるか、学校の先生には想像することでしか知りえない体験を、君の親は既に体験しているからです。

つまり君が「学習しない」ことで被る“損”も知っているのです。
だから君にとって親の言う「将来のこと」は役に立つ助言なのです!

学校の授業だけでは「足りない」

君はまだ知らないことだから仕方ないですが、学校の授業では学習量が少ないのです。

だから、君が自分の「学習能力」を満足に引きだす練習をしようと思っても、「できない」ことになります。

だから君も時々、大人が「学校の勉強なんか、役に立たない!」と言うのを聞いたりしたことはありませんか?

それは一理あります。

結論から言います。

学校で履修する内容が役に立たないというのではありません。

そういうことを言う本人の学習がた足りなくて「役に立たなかった」体験をしたということです。

そして、学習の過程で学習体験が“応用的”でなかったために、体験から得られる“知恵”を発揮できなかったということです。

そもそも「学校で履修する内容が役に立たない」なら、君の親はなぜ毎日学校に君を追いやるのでしょうか?

そんな無駄になることの為に時間とお金(税金)を費やしているわけはありません。

学校の勉強を役立て仕事をしている人と、「学校の学習は無駄だ」と言っている人と、君はどちらが少ないと思いますか?

そう実は、

“役に立つ事だから学ぶ”のではなく「‟学んだ知識を役に立てる”ために学ぶ」という発想を持つこが大切です。

それは「勉強の姿勢」を改めて、「学習の仕方」を工夫して取り組むことこそが肝腎だということです!

それには基本的に「自習」の習慣とその改善が大切になるのです!

勉強は根本的には「自習」だからです!

学校卒業後こそ「自主学習」する意味がある

多様化と競争が激化する社会事情を肌身で体験している君の親が、君の将来を案じた時に、君の将来の活躍を夢見て、さらなる学習力向上を期待し、学習補強の必要性を感じるだろうことくらいは、君にも想像できると思います。

私も、これまで多くの生徒たちの学習支援をし続けながら考えてきたことは、“学習することは、働くことに通じる”ということでしたから

それは、学習して身につけた知識を就職に活かすという意味ももちろんありますが、「学習」という知的活動を経験すること自体が、「働く力」になるということです。

「仕事」をすること自体、学習を伴いますので、仕事をする上で学習を習慣化している人の方が有利になるのは、君にも容易に想像できると思います。

また、社会では仕事する上で時々、「独創性」が求められたりします。

学校のように「みんなと同じ様にする」ことも大切ですが、同じでない方が良い時があります。

むしろ同じであろうとすると能力が発揮されない時もあります。

社会では「個性」が尊重されるからです。

周囲と同調したり協調したりすることも大切ですが、「出る杭は打たれる」くらいでなくても、個人の能力の高さが常に求めらるのです。

実のところ、協調する知恵も、人々を指導する知恵も、「学習」して身につけていくものです。

つまり“自分で自分を教育する”「自習」することが欠かせないということです。

知識を習得するのも、自習の技術を習得するのも、「自習」です。

それは、学校ですることではありません。
君が自宅ですることです。

そこで私は、学習指導をしてきた経験から、君が「自宅で自主的な学習を充実させる」ことが、君の「将来を明るくする為の学習」になると考えました。

それが「Progress個別指導塾」を開講した理由です!

自分で学習すれば良い!

「学習しなくてはならないのなら、学校以外でなく、自宅で自分独りで学習すれば良いじゃないか?」

という意見と、

「勉強をしなさい!とばかり言わないで、学習の仕方を教えてよ!」

という思いはなかったでしょうか

一度くらいは思ったことがあるかもしれませんね!

その通りですよ!

しかしその時、

“自分一人で、それをできるだろうか?”
どうしたら、「自習」を効率よく能率よくできるだろうか?

と思いませんでしたか。

実際、君が気が付いていないだけで、君の周りにも、自習の仕方を知らないことや、自習を続ける自信がないことに困惑している、生徒や児童は少なくありません。

なので、

君が「もっと勉強できるようになりたい」けれど、「学習は嫌い」「学習は面倒だ」「学習は不得意だ」と思っているのであれば、これから話すことは君にとって有益だと思います。

「自習」のすゝめ

確かに、君自身の力で学習に取り組めるなら、それが一番良いことです。

そもそも学校が君に宿題を出すのは、君に「自分で学習する」ことを期待しているからです。

しかし実際はどうでしょう。

君がそうなように、多くの児童・生徒が学校の授業と宿題を通して自分なりに、「自習の仕方」を習得しようとしています。

しかし、君が知っている通り、そこからは自分に適している学習法を見つけられないでいることを、君も知っていますね!

そろそろ気がつくべきなのです!

学校では、君が独りで学習できるようになる方法を教えてもらえないことに!

学校では君が「自習」することを期待します。

しかし、その取組方と効果的な実践法を君に教えません。
いや、知らないのかもしれません。

そもそも勘違いしているのは君の方なんです!

学校は先生が授業をするところなのです。
君はそれを勝手に受講するところなのです。


君自身が学び取る場所なので、「教えてくれるのを待っていてはいけない」のです。

それが証拠に、もし君が学校を風邪か何かで欠席したとしても、学校の授業は進みます。

個別指導塾の授業であれば、君がいなければ授業が成り立ちませんから、授業が進むことはありえません。

君がいなくても授業が進むのは、「学校」という学習支援の仕組みがそうなっているので仕方ないのです

だから、君達は常に「勝手に学び取る」姿勢で臨む必要があるのです。

だから、勝手に「学び損ね」ても学校に責任を問えないことを知らなくてはなりません。

そうならば、君はどうすれば良いと思いますか?

親の力を借りて自習する

お母さんと一緒の勉強は嬉しい! けれど、教える専門家ではありません!

まだ、お父さん、お母さんに手伝ってもらうという方法が残っています!

それも良い方法です。

それにもし、学校の教科書や配布された教材では足りない、またはそもそも自分には適さないと思うならば、書店で参考書や問題集を買ってきて、自分で学習する事ができます。

しかしその場合、君は数ある教材の中から、必要な教材を選べますか?

もし書店に行った時、君はおそらく「どれも良さそう!」と思うことでしょう。

その通りです。
どれも良さそうに作られ、売られているからです。

しかし、当然「どれでも良い!」わけではないので、君自身に役立つ教材を、その中から選び出さなくてはなりません。

いつどの参考書を使えばよいかわかりますか?
どの問題集から手掛ければよいかわかりますか?
そもそも教材の選び方を知っていますか?

そして、その教材の使い方がわかりますか?

以上の問題を解決できるなら、“正しい”「学習の仕方」と学習計画があれば、毎日学習体験を積む事ができますよね!

そしてそれを続けていられれば、君にとって最適な「自習」を修得できるでしょう。

そこで、日々学習を続けるには、君が学習する時に、「大変だ」「面倒だ」という気持ちに心を支配されないように、進めることも大切です。

そういう風に、君のお父さん・お母さんは、君の「自習」を手伝ってくれそうですか?

お父さん・お母さんに自習を手伝ってもらうのは、君が勉強していて「わからない」ところがある時は、すぐに見てもらえるので、大いに便利かもしれませんね。

しかし、…。

優しく丁寧に教えて貰えそうですか?

もし、「こんなこともわからないの?」「この間、教えたじゃないの?」「ちゃんと聞いていたの?」「考えてる?」等など、質問の解説より“お説教”や“叱責”が多くなりそうなら、手伝ってもらうのは辞めた方が良いでしょう。

粘り強く君の努力を見守ってくれそうですか?

「早く答えなさい!」「なぜ、黙っているの?」等など、急かされるようなら、手伝ってもらうのはよした方が良いでしょう。

「学習」は本来楽しい行為です。
叱られる為にするのではありません。
新しい発見をして、それを楽しむ為にするのです。
人に褒められる為にするのです。

そもそも、急かすと能力が低下して、効率が悪くなります。

だから最初は、独りで学習ができない時は、助けてくれる人を選ばなくてはならないのです。

ここまでの話を聞いて、「あっ、そうか!だから、私は学校の勉強が嫌いなんだ!」

もしそう感じたのなら君の「学習」に対する感性は上等です。

“知らないことを知っている人から聞く”というのは新しい何かを始める時、特に「学習」を始める時には、良いきっかけになります。

それは、正しい学習法の一つです。

しかし、この時点で「つまずけ」ば、その後に続く「修得」がおぼつかなくなります。

下手をすればこの時点で「学習する気が失せて」しまいます。

そうです、

つまり、学校での勉強が君にとって“相応しい”学習になっていないから、学習に意欲も好奇心も向けられないのです。

そんな状態で学習を続け、能力の向上を望み、さらには「自習」を修得しようとするのは、

例えるなら、

なんの装備も経験も無いまま登山をするくらい難しいことです。

遭難するのが目に見えていますよね

ここまでの話を聞いて理解ができたなら、君はもう自分の学習能力の低さを恨んだり、“できる”同級生のことを羨む必要はないのです。

ここでわかって欲しいことは、学校で学習するにしても、自分で学習するにしても、それなりに準備が必要であったということなのです。

まだこの先、「学校で学習する」ことは続きます。

「自習」については一生続きます。

“最初が肝腎”と昔から言いますよね!

今、君は、初めて学校で勉強することについて、自分自身の勉強することについて、知ったのであれば、今が肝腎です!

“今から今後に備えれば憂いはなくなります!”

 

補習塾と進学塾

学習の支援方法としては、一般的に「通塾・通学」「在宅」とがあります。
そしてその目的としては、「進学」「補習」とがあります。

 

学習塾によって様々な形で授業をしています。

特に最近はPCなどの情報端末とインターネットの普及とその発展に連れて、様々な学習支援形態が登場してきたかのように見受けられます。

しかしながら、学習塾は大きく別けて「補習塾」と「進学塾」と2つに分けられます!

 

補習塾 

学校の授業の補習を目的とした指導をする学習塾です。

学校の授業の受け直しや理解不足を補う指導を受けられます。

授業で履修した問題が試験に出る定期試験の対策の学習ができます。

学校の授業に不安がある方、学校の授業についていけるか心配な方は此方を選択すればよいでしょう。

進学塾

進学を目的として、大学・高校・中学の入学試験に合格するために学習指導をする塾です。

受験を見据えて学校の定期試験対策の学習もします。

学校の授業では充分取り扱わなくても、試験に出されやすい問題や授業で履修した範囲で、受験に必要になる問題解法を学習します。

受験対策として「補習塾」と同じこともします。

将来進学をするなら、こちらを選択すればよいでしょう。

「集団」「個別」「自力演習」指導

学習塾の指導形式の種類

学習塾の授業形態には、「集団指導」「個別指導」「自力演習型指導」に分けられます。 

  • 「集団指導」は学校と学習塾の指導形式として長く親しまれている形態です。
  • 「個別指導」は難関校受験向けから「集団指導」に馴染まない生徒向けとしても普及してきました。
  • 「自力演習型指導」は生徒の自主的な学習を促す指導としても再び見直されています。

最近ではその他の形態の学習支援が登場しているように見受けられますが、実のところは以上の3つの授業形態に大別されます。

「集団指導」

 

 

学校の授業スタイル!

学校の授業スタイルとして、知られている指導形式です。

先生のペースで授業が進められるので、あある程度計画的に内容のまとまった授業が受けられるのが特徴です。

他の児童や生徒たちと切磋琢磨して、授業がうけられるので、一人だと落ちるペースが引き上げられる効果もあります。

ただし、学習する姿勢が身についていることが必要です。

また、先生ができる子を優先して授業を進めてくれる場合は、授業進度も速まり、内容も充実しますが、そうでない子を優先した授業の場合は、退屈な授業になりかねないのが、特徴です。

公演形式の授業なので、人の話を真面目に聞いて自力で内容を咀嚼できる能力が求められます。

 

「個別指導」

 

もともと「個別指導」と言えばこういう印象を持たれるかと思いますが…、

 

講師が生徒一人一人を別個に指導します!

 

昔から「家庭教師」として知られている授業形態です!

多くさんの生徒に公演形式で講義するのではなく、生徒に個々人に相応しい講義を丁寧に受けさせる指導形式です!

一般的に「マンツーマン」指導と称されるように、1人の講師が1人の生徒に学習指導するのが基本です。

したがって、授業の矛先は常に生徒1人に向けられるので、集中的に講義を受けられる形式です。

質疑応答の程度によっては、学習内容の進度だけでなく、「深度」も上がる授業として知られています。

 

しかし、昨今では、講師1人に対して、2~4人程度の生徒を交互に、1人1人違った内容で指導が行われるところが多くなりました。

 

集団指導とは対照的に、生徒の習熟度や理解力に応じた生徒の感度と進度に合せた生徒中心の指導形態です。

 

緊張感

塾によっては、仕切りがされているので、家庭教師と同じように、講師と生徒が対面になります。

他の生徒を気にする必要はないので、講師に親しんでもらえれば、緊張は緩和されて学習上の緊張感だけになります。

 

適性具合

周りに人がいると気が散る生徒や、自分の理解に合わせて授業を進めて欲しい生徒には打って付けの授業になります。

人見知りであったり、人前で目立つことをしたくない性格の生徒は授業に集中できます。

喋るのが苦手で、人と意思疎通するのが得意でないという生徒でも、他の人の目を気にする必要がないので、続けることで、自然と人と意思疎通する絶好の練習機会になりえます。

生徒毎に授業が準備されて進められるので、生徒の理解度や学校の授業の進捗状況に合わせて、学習指導を受けられます。

講師も生徒も授業に専念できるので、質疑応答が自在にできます。

部活動など生徒の都合に合わせて、指導時間を決められるので、塾での学習と学校での活動の両立がしやすくなります。

 

留意点
  • 集中指導の形式の塾より選択が自由です。
  • 授業内容や時間は勿論のこと、講師の変更も可能です。
    それだけに、場合によっては、生徒がわがままになる可能性があります。
  • 生徒の自主性だけでなく、講師の指導と相性によるところが影響します。
  • いつも、わかりやすい解説を丁寧に受けられる反面、講師を頼り過ぎてしまう傾向になる可能性があります。
    指導の仕方によっては、自発的な学習を妨げてしまう傾向を孕んでいます。
  • 周囲を気にすること無く授業を受けられる反面、親しみのない集団の中にいることで起こる居心地の悪さと緊張感の中で、問題解答するという練習にはなりません。
  • 集団授業と対照的に生徒の理解力と習熟度に合わせて授業をするので、一定の進度が保てません。
  • 場合によっては、講師が予定していた授業内容が終わらないこともあります。

 

費用感

生徒には懇切丁寧な指導を受けられることが期待できます。

生徒に相応しい授業をするために、受け持つ生徒の数が増える分、講師の指導準備の負担も増えます。

講師1人の費用を生徒1人分の授業料で賄うことになるので、集団授業に比較すると高くなります。

「完全個人指導」と「個別指導」

『「個別指導」なら何処も同じ』ではない!!

「個別指導」の種類

 近頃は、「集団指導」形式より「個別指導」形式の方に利便性が認められて個別指導塾が多くなったように見受けられますが、一口に「個別指導」と言っても「個別指導」・「完全個別指導」と「個人指導」に分けられます!

 

「完全個人指導」と呼称します。「完全個別指導」と分けなくてはならなくなりました。当塾の1on1学習指導のスタイルです。

 

最近このスタイルを「個別指導」と区別して、「完全個別指導」と呼称している塾が現れています。

 

一般的に「個別指導」といえばこのスタイルに定着してしましました。

 

従来から「個別指導」といえば「家庭教師」として知られている指導形式を塾で行う印象でしたが、少人数を別個に指導するスタイルを「個別指導」と認知されてしまったため、それと区別するために「完全個別指導」と称するようになりました。

当塾でも一般のパートタイムのマンツウーマンの「個別指導」とフルタイムのマンツーマンである「1on1学習指導」を区別して説明するために、「完全個別指導」と称してきました。

しかし、最近フルタイム・マンツーマンでないにもかかわらず「完全個別指導」と称する個別指導塾が現れています。

 

「完全個人指導」

家庭教師では、時間いっぱい「1対1」で教科指導をしてもらえます。だから丁寧で学習しやすいのです。

 

完全個人指導では、教室でも時間いっぱい家庭教師と同じ指導が受けられます。

 

 

「完全個人指導」では、教室でも家庭教師と同様に時間一杯に1人の児童や生徒に専念して教科指導ができるのが特徴です。

当塾では「フルタイム・マンツーマン指導」とも称しています。

担任制です。

指導の度に先生が替わることはありません。

 

 講師が指導担当する生徒数が1人だけというのが最大の特徴です。

そして、講師がに終始一貫して「1人」に時間をかけられることは、教科指導する上で利点の多い授業ができます。

生徒1人に専念できるので、「集団指導」の長所である「短時間で一定内容の授業を受けられる」ことが利点として備えています。

 “先生独り占め!”の授業なので、短期で集中講義をしてもらえます。

また、躓いている箇所に「戻り学習」をしてもらうことも可能です。

さらに、再度同じ講義をしてもらうことも可能です。

従って、学習の遅れが気になる生徒には宅に立ちます。

当然、受験生の学習支援に向いてます。

 

「個別指導」「完全個別指導」

 

 1人の講師が同時に3~4人の児童や生徒を担当する形式を「個別指導」で2人担当する形式を「完全個別指導」と称しています。

授業では学年や教科内容の異なる生徒を別個に指導します。

昨今では一人一人に仕切りを設けていますが、古くは生徒数の少ない分校や、最近では過疎化の進む地域の小学校などでも行われている授業形態です。

そして、今では一般的に「個別指導塾」の授業形態は大方この形式です。

生徒の必要に応じて指導するのは「完全個人指導」に似ていますが、講師が担当する生徒数が1人ではない上に、教える学年や教科内容も児童や生徒によって異なるので、君達の指導の合間合間に講義をすることになるのが特徴です。

 

したがって、生徒は「時々」講義を受けることになるので、当塾では「パートタイム・マンツーマン指導」と称して区別しています。

講師は同時に複数の生徒の指導を担当するので、1人の生徒に充てられる時間と内容が制限されます。

したがって、「完全個人指導」の時に有った「集団指導」の利点は得られなくなります。

因みに、講師には「個人指導」より工夫と技術が求められます。
講義時間が短い割に、担当生徒の数だけ準備が多くなりますから、負担が多い授業形態です。

また、生徒には「集団指導」を受ける時に必要になるのと同等の理解力と意欲が求められます。

ただ、講師が他の生徒を指導している合間は、確認演習を自力ですることになるので「自力演習型指導」に通じます。

 

先生が受持つ塾生の人数が多くなれば、「個別指導」というより「自力演習型指導」といった方が良い場合もあります。

  塾によっては講師の担当生徒の人数を少なくしただけの「少人数グループ個別指導」を「個別指導」と称しているところもありますが、それです。

 

学校の授業の補習や復習を目的に通塾するなら良いでしょう。

しかし、これから受験学習を始めるという生徒にはあまり向かない指導形式です。

 ただし、生徒の学習力と意欲に講師の指導技術が適合して、充分な時間がかけられれば、個人指導に匹敵することもあります。

なお、他の生徒を意識しながら競い合う形で切磋琢磨して学習する機会をえられるのは「集団指導」の利点に通じます。

競争を煽られるのが嫌な児童や生徒に向かないのは、「集団指導」「自力演習型指導」に向かないのと共通します。

 

「自力演習型指導」

生徒に自主的な学習を取組ませる指導形式!

昔からありましたが最近PCやインターネットの普及とともに再び展開されている授業形式です!

学年や教科を問わず一つの教室で、生徒が各人の学習に自力で取組む授業形態です。

講師が積極的に教科内容を教えるのではなく、予め用意された教材を生徒に適宜充てがって、生徒に自力で演習させて学ばせる学習方式です。

講師は生徒の各人の様子を見ながら適宜個別に学習指示を出すことで、生徒が学習を進めて行く形式の授業です。

したがって、学習の進度も内容も生徒次第になります!

 

緊張感

形式は「自習」そのものですが、講師には質問もできますし、必要なときに補助的に教科指導もしてくれます。

講義を講師から受ける訳ではないので、解説を聞きもらすまいとするような緊張感は必要ないです。

最初の内は、同じ学校の他教室の生徒や他の学校の生徒と同席するので、「集団指導」に通じる、ある程度緊張感を以て教科指導を聞く事になります。

また授業が「自力演習」形式なので、入試の時に近似した状況である、「親しくない集団の中で問題を解答しなくてはならない」という体験できます。

しかし、学校と同で、直に慣れて生徒同士が互いに馴染みになれば、緊張感が緩和されて、その分演習に集中できるようになります。

講師の配慮によっては、他校との交流ができる優越感も向学心の助けになる可能性もあります。

 

適性具合

講師の指示に従いながらですが、自分で学習目標を決めるので、誰かに充てがわれた、無理強いされた感じの計画ではなく、自分の理解度や意欲に沿った自分自身の学習計画を立てられます。

人に命令されて何かをするのが嫌な性格でも、実践力があれば学習を続けられることが期待できます。

自分で決めたことはとことんまでやり抜く意欲がある生徒には合うでしょう。

 

留意点
  • 毎日自主的に学習することができる生徒とそうでない生徒とでは効果が発揮しにくい指導形式です。
  • ある程度の学習技術を身に着けていないと、期待する学習効果が望めない授業形態です。
  • 生徒が自力で演習することを主体とする授業なので、講師から適宜学習指示が出され、その上で、習得すべき内容が果たすべき課題の中に巧みに編み込まれた教材を使用するので、生徒は塾に行きさえすれば、学習が滞りなく進み、日々の演習量を増やす目的も達せられます。
  • しかし、「自宅でも自主的に学習する」ということを期待には応えられない結果になることがあります。
  • 「言ったことはするけれど、それ以外はしない」といった、「指示待ち」傾向を増長する可能性もあります。
  • 「無駄なく、効率的に」適量に課題と補助が施される事が、生徒自身の「学習の発展」を妨げてしまい、その結果、ある程度までは「できる」ようになるけれど、それ以上は伸びないという状況を生むこともあります。

生徒の性格とそれに対する学習指導の適合性が課題になることは他の指導形態と共通する課題ですが、他の授業形態より、生徒の個性や主体性を尊重しすぎて、生徒の鍛錬すべきことが放置されすぎてしまう可能性があります。

 

費用感

1人の講師が受け持つ複数の生徒を同時に指導するので、充分な指導になるかどうかは生徒の集中力と理解力によるところが大きくなりますが、講師1人の費用を複数の生徒で分担することになることになるので、費用は個別指導より比較的抑えられます。

基本的に、「講師は生徒の質問に応える」形式なので、実際は複数の生徒を担当するので、講師の指導準備の負担は少くないので、集団授業よりは高くなることもあります。

ちなみに、費用と効果の関係は生徒の学習力によるところが大きくなるので、塾に過剰に期待する時は、一概に「安い」とは言い切れない場合もあります。

「1on1学習指導」

 

 

Progress個別指導塾の「個人指導」

 

「完全個別指導」より丁寧な講義がうけられる授業!

当塾では、家庭教師の派遣の他に、教室でも「完全個人指導」で主要5教科を教えてもらえます!

一般的にいう「個別指導」ではパートタイム・マンツーマンの授業になります。

「完全個別指導」はそれよりは親身になってもらえます。


しかし、

「完全個人指導」はフルタイム・マンツーマンの授業です。

しかも、当然ながら担任制です

毎回君のことを理解している先生に指導を受けられますから、計画的に対策をしてくれます。

なので、「完全個別指導」よりさらに懇切丁寧で、とことんわかるまで講義してもらえます。

 

したがって、試験学習に於いて、基礎から応用まで様々な問題の解説を教えてもらえます。

だから、通学校の試験対策ができます。

また、教科内容によって、学校の授業の予習・復習の指導として、適宜自在に授業の進め方を変えられます。

それにより、毎日の学校の授業が解りやすくなり、授業態度が改善されることも期待できます

また、「個別的指導」と同等の時間内で倍位以上の講義を集中的に受けることも可能です。

だから、学習の遅れを取戻し、志望校合格に挑戦したい「受験生に役立つ授業形態」と言われるのです。

教科や曜日・時間は相談の上で自由に決められますので、部活などの学校諸行事や他のことで、忙しい生徒でも通えています。

 

「Self-Study促進指導」

Progress個別指導塾の「自力演習型指導」

自宅でも塾と同様の学習を自力で進められるようにする! 

日頃か試験の対策学習を充実させ、「自宅でも自主的に学習できる」ように指導します。

成績を上げることも、試験の勝敗を決することも、地道に「自習」したかどうかです。

したがって、毎日の「自習」の能率を上げて、学習効率を上げられるかが試験合格への直道となります。

 

学習方法を指南して毎日の学習を継続的にできるようにする指導です!

先ずは自習を習慣にすることが大事ですが、「学習が苦手だ!」という生徒でも、毎日自習がにできるように、学習方法そのものを指導するので、自力で学習を進められようになることが期待できます。

そして自習を実践させる機会を与えることで、自宅での学習を継続させられるようにします。

そのために、教室に自習スペースを設けて、「自習トレーニング」をしてもらえます。

「正しくない」自習をしている生徒には随時改善を施せます。

「自習室」との比較

 

 

Progress個別指導塾の「自習室」

 

「自習トレーニング」の場所

当塾にも「自習」できるスペースがあります。

それは、自習の改善の手立ての一環として設けています。

そこでは、生徒に「自宅における学習の改善」をしてもらう為に教室で自習してもらいます。

「Self-Study促進指導」では、「自習の指導」をします。

その実践をする場所が自習スペースとなります。

実のところ、学習すること自体が「学習」です。

したがって「自習」できるようにすることも学習することで身につきます。

学習することで身につくものなので、継続すれば上達もします。

習ったことは練習することで身につけられます。

だから、伝授された学習法を実践して慣れる練習をしたり、身につけた学習法を熟達する為に練習する場所があれば、効率的に自習を修得できると考えました。

それに、教室でできる事は自宅でもできるはずです。

教室でしたことを自宅でする。

これを繰り返すことで、「できる」を継続して習慣にして行きます。

いずれにせよ、一般的に「自習室」で漫然とされている自習をさせる所ではありません。

先述した通り当塾の自習スペースは「自宅学習の練習場」なので、自宅で学習することが主たる目的です。

自宅でできることを外でするのは、効率が良くありません。

自宅で学習することを勧めていますので、当塾の自習スペースは無料で開放していません。

したがって、他塾のようにいつまで教室で自習していられません。

その結果、教室での「自習」には時間制限が設けらることになります。

したがって、制限時間内に学習する事になり、「受験の練習」にもなります。

当然自宅でも時間制限を設けて学習するように勧めています。

学習塾と学習の違いのこぼれ話

お問い合わせはこちら

0266-24-5595

受付時間:11:00~22:00(日曜祝日除く)