中学生への学習指導

カテゴリ

2018年7月20日

「高校入試合格!」が当面の課題でも
先にある学習と成長のために

 

自習女子の手①前.jpg

義務教育課程の学習の総仕上げ!

履修される学習内容は今後の進路で大いに役立つ

例えば、大学や専門学校へ進学するには、高校課程しっかり履修をすることが必要です。

卒業後の進路が就職なら尚のことなおざりになどできません。

そして高校で履修する学力を身につけるためには、中学までの課程で履修をしっかりすることが不可欠です。

つまり中学の学習成果が今後の進路の全てに通じるということです。

中学の学習を進めるに当り、小学生からの学習経験の乏しさが影響します。

小学生で履修されるべき学習の学び残しが尾を引きます。

できるだけ早めに対策を講じることが肝要です。

その上で、今後は学び残ししないように中学校で履修される学習を円滑に習得できるようにすることも必要です。

 

「名ばかり高校生」にならない為に!

「学習」という行為は人間的成長を促進する礎になる

「高校卒業」はその後の進路に有利な資格でもありますから、ほとんどの中学生は卒業後の進路として高等学校へ進学します。

よって、就職するにしても進学するにしても、先ずは「高校進学!」は、中学生にとっては明確な目標になります。

しかし高校に入学しただけでは「高校進学」の意味を果たしたとは言えません。

2016615214253.jpg

高校で履修する学習を習得しない、できない「名ばかり高校生」が少なからずいます。

「名ばかり高校生」がそのまま卒業をし、就職や進学をしていくことになるのです。

そして社会で問題になっていないことが本当は問題です。

「自習の習慣化」教科の学習技量の向上を

ひところ「分数ができない大学生」というのが問題になったりしたことがあります。

「ゆとり教育」の問題として引き合いに出されていたりもしましたが、学習を学校に任せていれば問題になることですが、自分の責任として取り組んでいれば、問題にならないことです。

事実そうして、乗り切っている生徒とその家族は多く存在しています。

「名ばかり高校生」になってしまう原因の一つには、中学生までの学習の不備が、高校の授業についていくだけの学力になっていないことが考えられます。

高校の「入学試験を通過するための試験学習」と、「高校の授業の下地になる学習」をすることは同じではありません。

しかし、多くの生徒はそれを混同しています。

 

集団授業③.jpg

「高校入試突破」のためにのみに特化した学習指導をしている学習塾は少なくありませんから、そういう生徒がいるのは当然です。

ましてや、一度授業をしてしまえば、「履修済み」にしてしまう学校に、「学び直し」の機会と技量を期待することは、宝くじで1等を当てるより困難なことでしょう。

しっかり学習しておかないで「とりあえず入学してしまえばそれでいい」と思っていると、あとが大変になるということです。

高校で履修する学習は小学・中学で履修するものに比べ量も多く、難易度も高くなるからです。

学校で受ける授業自体も中学の時より難しくて、しかも進度も速くなるから理解が追い付かなくなります。

小学校や中学校にいた時のように、学校の授業を受けるだけでいたら、習得するまでに至らないのは当然です。

高校進学の意義

広がる可能性

 

自習ノート②.jpg

高校進学の機会は、大学へ進学出来るだけではありません。

日本の高校で習得する学習レベルは世界的に見ても決して低くはないのです。

しっかり学べばそのまま就職しても通用するものです。

せっかくの高校進学の機会が「名ばかり」で終わってしまっては残念です。

「みんなが行くから私も僕も行く」と言うのは、進学決意のきっかけとしてはよいでしょうが、そのままで終わらにで欲しいと切に願います。

 

中学男子①think.jpg

 

自分の価値を上げるための学習が高校でできる!

だから、日本の高校で履修できる学習レベルの高さからも、その価値に思いを寄せて欲しいと思います。

その基礎が中学までの学習に拠ります。

人生設計の上で高校進学のことをきちんと考えて欲しいと思います。

Progress個別指導塾がお手伝いできます。

 

中学女子 下校.jpg

お問い合わせはこちら

0266-24-5595

受付時間:11:00~22:00(日曜祝日除く)