長野県岡谷市のProgress個別指導塾 > 教科指導の受講を改善する提案

教科指導の受講を改善する提案

“学習の主体者を学校から「自分」に変える!”

 

学校では君が理解していなくても、教室にいなくても、授業は進みます。

 

完全個別指導では、君がいなければ、理解が進まなくては、授業は進められません。

 

Progress個別指導塾の取組み

君が何らかの理由で学校を欠席した時、授業は止まりましたか?

一斉授業では、君がいなくても授業は進行していきます。

 

君が数日間学校にいなかった間、全部の授業が君の復帰を待っていてくれましたか?

または、前回の授業で習ったことの君の理解が曖昧であった時、再度授業をしてもらえましたか?

いずれの答えも、「ノー!」ではなかったかと思います。

 

これらは何を意味するかおわかりでしょうか?

これは君が学校の授業の進捗において、主体者でないことを意味します!

驚くべきことですが、ほとんどの児童・生徒が、学校の授業が君を主体者として進められていないことに気付いていません。

それは、お父さん・お母さんも同様です。
かつて学校に通っていたにも関わらず、“学習の主体者が君ではない”ことに自覚がありません。

 

君が教室にいてもいなくても、学校の授業は進みます。

君が理解していようとしていまいと、お構いなく学校の授業は進みます。

 

学校の先生に文句の一つも言いたくなりましたか?

でもそれはお門違いというものです。

 

例えば、君が毎週楽しみにしていたテレビ番組に君の嫌いなタレントが出たり、君の都合で見逃したり、よくわからない話題で終始したからと言って、文句を言ったところでそれが通じる思いますか?

そうです、通じません。

君の都合はお構いなしです。

君にとっては、納得のいかない回であったとしても、他の人には充分楽しめた回だったからです!

学校はこれと同じです。

そういう仕組の学習支援なのだから仕方ありません。

 

そうです、勘違いしているのは君の方なのです!

学校の授業の主体者は先生です。

学校は先生が授業をする場所です。
君はそれは勝手に受講するために参加しているのです。

それでも、人の良い先生は、君達児童・生徒が参加しやすそうな内容や体裁で授業をしてくれています。

でも、「受講しきれる」かどうかは、君の授業への意欲と「学習能力」次第です。

 

これで、おわかりいただけるでしょうか?

つまり、学校で授業を受けて学習の効果を得たければ、心構えも技術的な訓練もなく授業に参加していてはいけないということです。

「学校に行っているから学習ができるようになる」のではなく、「必要な準備をして学校に行っているからこそ学習の成果を得られる」ということです。

 

「では、どんな準備が必要だったのか?」と君は思うかもしれません。

その答えは、「人それぞれ異なります!」です。

君には、身も蓋もない返答だったかもしれませんが、事実です

 

では君は、どうすればよかったのでしょう?、否、これからどうするべきでしょう?

答えは、君が学習の主体者になることです!

学校に任せ放しの態度で授業を受けていてはいけないのです。

発想を変えて臨まなくてはなりません。

「学校がしてくれる授業を受けに行く」のではなく、「学校の授業で自分の学習に利用できるところを見つけに行く」というような姿勢で臨まなくてはならないのです。

 

「そんな事、自分独りでは、できそうにない!」と君は思うかもしれません。

だから私は「Progress個別指導塾」を用意したのです!

 

学習の理解力を促す

 

「自習」法を学び実践し自力学習する力と習慣を身につける

毎日の学習を変える

では、「どうすれば学校の授業の主体者を“自分”に変えることができるのか?」

学校の授業についていくのが日課

 

そもそも「学校の学習進度の主体者を変更する事などできるのだろうか?

「学校の先生が、自分に特別の配慮をしてくれるような事は到底期待できないのに!」と君は思うでしょうか。

できます!簡単に!

ズバリ!毎日「自習」すれば良いのです!!

肝腎なのは、「学校を変えるのではなく、君が変わる」ことです。

 

毎日「学習」するための手立て!

学習が悩みのタネ!

「簡単に言うな!『自習』ができなくて困っているんだ!」とうい声が君から聞こえてきそうです。

もし君がそう思ったのなら、君は「学習」というものに対する感性が上等です。

そうなのです。

「自習」は簡単に、誰にでも、自然にできるものではないのです。

 

だから手助けが必要になるのです。
というより、「自習」は手助けした方が速く修得できます。

「いつかできるようになるだろう」と思っていたら、時間だけが過ぎてしまいます。

気がついたときには学校を卒業する時です。
何も学ばない内に学校を“追放”されてしまいます。

先にも言いましたが、学校の授業の進捗の主体は君ではありません。
君が学校の履修内容を習得したか否かは、学校にとっては問題ではないのです。

 

問題なのは、君が「それは問題だ!」と思わないことです。

それに気がつく人とそうでない人との差が、将来の君の生活上に現れてくることを君は知ることになリます。

嘘だと思うなら、テレビやラジオのニュースを観てみると良いでしょう。

新聞を読んでみれば良いでしょう!

学業不振が生活上に落とす影について報道しているのを容易に見つけることができますよ!

または、YouTubeで検索してみても良いでしょう!

学習することが君に成功をもたらす上で、どんなに大事なことか、しつこいくらい君に知らしめてくれることでしょう。

 

学校の授業は明日も明後日も続きます。

学習への苦手意識は、一生いつまでもつきまといます。

だから、さあ、君の“問題”の解決を始めましょう!

 

先にも述べた通り、誰でも、自然に「自習」ができるようになるのは難しのです。

でも、人の手を借りれば意外に簡単にできることです。

君が主体的に将来役に立つ学習をするためには、君は「自分に“自主学習”の習慣」を開拓しなくてはなりません。

 

繰り返します。
独りでやろうとすれば“苦しく”思えることでも、誰かと一緒にやれば意外と簡単にできるものですよ!

「完全個別指導」で授業を受ける意義

よく分かる指導なら、学習理解が進むので自習をするのに得策です。

 

受講の仕方を変えることが「自習」の助けになる

それでは、「自習」を可能にする手始めはなんだと思いますか?

そうです、学習内容を理解することです!

「当たり前だ!」と君は思うでしょう。

しかしその当たり前のことができているようで、できていないのです。

 

そこで当塾では、君の教科毎の授業を、誰もが「しっかり学ぶことができる」と定評の「完全個別指導」で行います!

「わかる!」授業は君のやる気と頭脳を刺激します。

 

君は、以下に揚げるような思い悩まされたことはないでしょうか?

学校の不得意科目の授業をどうにかしたい!

学校の授業の遅れをどうにかしたい!

宿題など学校の授業以外の学習をどうにかしたい!

学校の成績をどうにかしたい!

定期試験をどうにかしたい!

受験勉強をどうにかしたい!

「完全個別指導」の授業ならこれらの要望に応える事ができます。

なぜなら、フルタイム・マンツーマンの指導なので、授業の主体者は君だけだからです。

なので、学校の授業の時の様に君が「わからない」内に授業が進むことはありません。

君が「わかる」までが授業です。

納得いくまで授業を受けてもらうことになります。

 

  • 君にとって不得意な科目は全てが難しいことでしょう。

それでも、例えば、これまでにも多少内容が難しくても、何度か解りやすく説明をしてもらうことで理解ができた経験はなかったでしょうか?

そういうっことがあったと思います。

「自分が“わかる”言葉」で説明してくれたら、誰でも解るのです。
そういう君の“わかる”を見つけるまで、粘り強く講義をしてもらえたならば、君の理解できる範囲は否応なしに広がりそうでしょ!

 

  • 一言で学習の遅れを取り戻すと言っても、簡単ではないその理由の一つは時間です。

学校の授業と同じ時間をかけて学習指導したら永遠に追いつきません。

そこで、授業の仕方を工夫して、君にわかる言葉で説明できる授業を用意できれば、時間短縮して、追いつくことが可能です。

ここで、「君の言葉で」というのが実は“鍵”になります。

君の学習の遅れを取り戻す授業は、君だけがわかる授業をすれ良いことになります。

他の人を気にする必要はありません。

その分、君も講師も授業に専念できるので、進捗は良くなります。

授業が進んで、君の理解力が増すほどに進度はさらに速まるからです。

 

  • 宿題を今までのように片付けていてよいでしょうか?
    いけません!

時間がないから、面倒くさいからと言って適当に、「単純作業」を片付けるようにしていたら君の学習力は高まりません。

そんな体験を放っておいたら、それを「自習」だと勘違いしてしまいます。

 

効果のない学習体験は時間の無駄です。

宿題も工夫次第で「効果のある学習」にできます。

その方法について、当塾では「自習促進の指導」で指南しています。

先ずは教えた通りにやってみて下さい。

学校の宿題程度の学習は、案外簡単に速く終わってしまうことに気が付くと思います。

「この程度の学習に手を焼いていたのか」と気づく時、君は「この程度の学習しか自宅でしていなかったのか」ということにも気づくことになります。

 

  • 先に述べた通り「毎日の復習」が「試験準備の学習」になります。

宿題も毎日できるようになります。

当塾の自習を促進する指導に従って計画的に学習を継続することで、学習トレーニングと解答トレーニングができます。

それらは、定期試験や受験の準備にもなっています。

 

「復習」のすゝめ

いづれにせよ、「教えてもらえる時にしっかり学ぶ」ことができなければ、その「復習」は自分でできませんよね。

だから最初が肝腎なのです。

「きっちり理解するまで受講しておく」、これが先ず最初の「自習」の取組みです。

そして見直しとやり直しをしながら、確認することです。

 

つまり「復習」を自分ですることです!

そして「復習」ができるように、予め‟きちんと”学んでおくことです!

授業でしっかり学んでおくことです。

 

それが復習のきっかけになります。

 

「復習」は、君が学習の主体者になるため「自習」として、最初に君が取組む段階の自主学習です!

自習が苦手だという人ほど必要なのは「自習」です。

だから、当塾ではみんなにお勧めしています。

なお、君を「自習」に誘う「学習の仕方」をどのように指南しているかは、ここでは煩雑なので申しません。

詳細は「学習相談」にてお話しています。

 

学校の授業に頼らない学習へ

君は、そもそも学校の学習の進め方は「君の都合」に適していないことを自覚していますか?

今日もいつも通り先生が授業をしています。君がすべきは受講すること。

 

学校の授業の進め方の主体者は学校の先生です。

だから、君が、学校の授業を君の学習に取り入れるためには、君が学習の主体者になる姿勢で臨まなくてはならないことは、先ほど述べた通りです。

その上で、学校で学習をする時、君は学校のカリキュラムに従って、順々に提供される履修教科の授業を受けていかなければなりません。

 

その授業の予定は君に明確に知らされているでしょうか?

もし授業の予定がわかっていれば、「予習」ができます!

予習のすゝめ

授業の準備

 

予習も「自習」です!

学校は準備なしで授業を受けていては効果的な学習を受けられないところであることも、先ほど述べた通りです。

 

なので、もし授業の予定を把握して、準備をしながら授業に臨めるなら、学校の学習をより効果的に受講できそうだと思いませんか?

しかし、多くの児童・生徒が、両親の時もそうだったように、授業の予定を知らないまま授業を受けています。

そして、もし君が「授業の予定など知らされたところで、とても独りでは学習する気がしない!」と言うなら、私は君に「人の手を借りてでも予習に取り組む」ことを勧めます!

 

それについては、Progress個別指導塾の学習サポート」で述べた通りです。

先ほど私は、君が「自習」を自分のものとする為の学習の最初の段階の手立てとして「復習」が効果的な学習であることを述べました。

「復習」のメリットとしては授業と同じ時間をかけずに短い時間で学習できて、「よくわかる」と君が思えることにあります。

 

ここで想像してみてください!

もし君が、誰かに助けてもらってでも、「予習」をして授業に臨んだのならば、その授業は君にとって「復習」になります。

苦手な科目の授業であったとしても、そこに「復習」の効果をもたらすことが可能になります。

さらにその授業を「復習」すればどうでしょう!

 

完全個別指導だから、学校の授業を先取りで指導してもらえる。

 

予習してあるから、授業も余裕で受けられるから、よく分かる。

 

「理解」がより増した学習ができていることが想像できるのではないでしょか?

そうです、「予習」も「自習」です。

学習の主体は君自身です。

君の都合に適していない学校の授業でも構いません。

学習をより主体的に進めていけるようになる手立てとなります。

 

君が学習の主体者になるための「自習」として、「復習」に次いで君が取組む段階は「予習」なのです!

完全個別指導の指導を受けるメリット

講師が担当する児童・生徒が1人だけ。 だから、懇切丁寧にわかるまで教えてもらえる。

その特徴が最大の利点になる

その特徴は講師の担当する生徒の少なさです。

講師が担当する塾生は君だけです。

 

だから、講師は君の授業に専念できます。

だから、君も講師が他の塾生の授業の合間に君の授業をするといった中途半端な受講をさせられることはありません。

講師は君の隣りにいて君の学習を見守っています。

問題を解く手が止まれば必要なアドバイスをしてもらえます。

君が質問すればすぐに答えてくれますから、いつでも曖昧な理解を正すことができます。

考えが及ばない応用問題でも納得できるまで教えてもらえます

だから、上級の学習に挑戦することもできるようになります。

 

こうして、君の学習の躓きの解消がなされていけば、それは君にとって学習意欲をそそる第一歩になるでしょう。

躓きを解消できたその実感が、自信になれば好奇心を刺激します。

これらが理解力向上の足がかりになります。

理解力の向上は学力向上の要因です。

 

“君の「理解力」が君の「躓きの解消」をして行く!”

それは、君にとって嬉しいことであろうと思うのです。

何より、学校の授業や自宅での学習が、よく理解できれば日々学習も面白くなりますから。

そうすれば、自然と「学習」に対して好感をもてて積極的なれます。

それが、君に学習継続の意欲をもたらすことでしょう。

そして自主学習を進めれば進めるほどに「理解力」が増すことを実感します。

君がそれを自覚した時、さらに「学習」意欲が進み、より上級の学習に挑戦する意欲が湧いてくることを実感する時が来ます。

当然、君は学習が進んだその結果に達成感を得るはずです。

そしてこの頃なると、君は、自分が躓いたところに関連するところも、結びつけながら学ぶことができるようになっていることでしょう。

 

君の学習技術と学習能力がこの段階まで達してくれば、君は、学校も塾もなしで学習を進められるようになっていきます。

それが「Progress個別指導塾の目標」です。

教科指導の受講を改善する提案のこぼれ話

お問い合わせはこちら

0266-24-5595

受付時間:11:00~22:00(日曜祝日除く)